市民農園の魅力を感じましょう~サワヤカ植物の魅力~

お花と女性

草刈りをしない

園芸

従来の方法

普通なら雑草が伸びてきたら草刈が行われ、手作業であったり機械を使ったりして行われます。最近は、高齢化も進み中々自宅の庭の手入れをするというのは難しくなっている家庭もあります。そこで今は除草剤という画期的なものが販売されています。これは草刈後に撒くとそれ以降は雑草が生えてこないという薬になります。雑草の元である根っこが枯れるため成長しないので、そのためこういったものを使う人も多いです。大変な作業が減ったということになります。夏場は日光を浴びて雨が降ったりすれば水分をエネルギーとして蓄えるため草刈りをしてもすぐまた伸びてきてしまうんです。そうした中除草剤というものができて、今は便利な時代になってきています。

道具の特徴

草刈で使用する道具は、鎌と草刈機といった2種類があります。どちらにもメリットがあり場所によって使い分けしています。鎌は庭の狭いところなどを手入れするときに非常に便利です。根っこまで刈ることが出来るからです。次に草刈機はというと広い敷地内をやるときに使われることでしょう。根っこまで刈ることはできないですが広い敷地内を何時間かで作業が終わるでしょう。それに、手作業でやると1日以上かかってしまうこともあります。ですから、作業場所によって使い分けることで効率よく作業ができて、雑草をそのままにしておくと害虫などがたくさん発生してしまうこともあります。住みやすい環境を作ってしまうことになるので定期的に掃除が必要となり、夏場は作業回数が増えます。